保育士のやりがい

保育士の活躍する職場は様々ですが、どの職場にも、子供とコミュニケーションと取り、その育ちを支える喜びがあります。保育士として就職すると、その組織の一員として、毎日その職場の同僚と一緒に働くことになります。

 

生活しているだけの給料を貰うことは大切ですが、それ以上に仕事そのものにやりがいが無ければ続けていくことは難しいでしょう。

 

その点において、保育士は専門職になりますから、勤務先を選ぶことによって比較的同様の仕事内容を選べることが一般企業への就職とは大きく異るものです。

 

乳幼児の子供は、成長が著しく、それだけに日々育つ環境の影響を大きく受けます。子供達は、保育所等の幼児と関わる施設で出会う環境や大人達の関わりを原体験とししてその後の人生を生きていくことになります。

 

保護者は、子供を単純に職務の対象と見る訳ではなく、小さくても一人ひとりが人格を持ち、尊重される権利を持ち、成長しようとする存在であることを認識しておくことはとても大切です。

 

要するに、子供の自発性を尊重し、一人ひとりの育つ力が充分に発揮される環境を作り出すことが保育者の本来の使命だと言えるでしょう。

 

最初は、新人として保育士デビューした際は、子供の保護者もほとんどが年上になりますから、支援の対象として見ることも出来ないでしょう。

 

しかしながら、先輩の保育者のサポートを受けながら、専門職として努力をしていけば、段々と保護者とのコミュニケーションにも自信を持てるようになってくると思います。

 

保護者には、初めての子育て、仕事をしながらの子育てで、戸惑い、煮詰まって挫折しそうになる人もいるでしょう。その時に、支えてくれた保育士には感謝の気持ちが生まれてくるものです。

 

幼児だけでなく、保護者にも感謝をされる保育士になることが出来たならば、それは何にも代えがたいやりがいとなるといえるでしょう。

 

少子高齢化という社会背景

 

少子高齢化という時代の中で、子供の将来を危惧する人もいるかもしれません。しかしながら、少子社会だからこそ子供が育つ環境に、これまで以上に人為的な
工夫をしていく必要があるのではないでしょうか。

 

都市部の共働き化の進行は保育所不足を深刻にし、在宅子育て家庭の孤立は子育てを辛いものにしているといった見方もできます。児童相談所の児童虐待相談対応件数は現在急増しており、子供を守るためにやるべきことはたくさんあるのです。

 

このような日本の社会状況を考慮すると、保育者の役割は、ますます大きなものとなっているのです。保育所制度・幼稚園制度の検討においても、保育者の配置を増やし、待遇条件を改善することが早急に求められているのです。

 

一人ひとりの子供にしっかりと向き合い、その育ちを支援していくことは、将来の日本社会を支える人材を育む仕事でもあります。保育士の仕事は、このような大きな社会的使命を果たす仕事だと言えるでしょう。

 

保育士になるには?

保育士になるには

保育士になるには2

 

失敗しない!保育士講座を選ぶ方法

保育士個別1

ブラッシュアップ学び

保育士個別2

保育士講座ボタン

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

保育士個別3

保育士講座ボタン