保育士が働く職場について

保育園イラスト

保育士の働く場としては、保育園のほかにさまざまな施設があります。

 

例えば、児童虐待や家庭問題によって保護者が育てることができない0歳の乳児を保護する乳児院。これと同じような理由から、1歳〜18歳の子供が入所する児童養護施設があります。

 

さらに、知的障害者に関わる施設、母子家庭の支援施設、病院内での病児保育、デパートや映画館などで一時的に児童を預かる託児所、放課後の小学生が通う学童保育なども仕事場です。

 

東京都にある保育園の場合、1.「認可」2.「認証」3.「認定外」の3種があります。

 

1,認可保育所

施設の広さ、保育士の数など、国の設置基準を満たし、都知事に認可された施設です。手厚い公的資金補助があるため、保育料は月額2〜4万円と、比較的安値となっています。ただし、延長保育や一時保育などのサービスは、規定に従って運営されるため、個々のニーズには応えきれないというデメリットもあります。

 

原則として、認可保育所は、その市区町村に在住・在勤・在学する人が利用できます。順番待ちの場合、区内在住者が優先されます。

 

2.認証保育所

東京都独自の制度です。駅前に設置されている『A型』と、小規模で家庭的な保育を行う『B型』があります。原則として、施設は13時間以上開いていて、0歳から入所が可能。保育料の上限は、月額7〜80000円に定められています。

 

3.認可外保育所

都の定めた保育士の人数・保育面積・設備などで一定の基準を満たしている必要がありますが、施設の広さなどの設置基準の関係で、国の認可は受けていません。

 

主な保育園では、ベビーホテルや深夜保育を行う施設となり、企業や官庁・大学などにある職員や学生用の保育施設も含まれます。

 

保育士イラスト

認可外のために公的補助がなく、保育料は保育園が設定し、月額10〜15万円といった高額な保育料になるケースもあります。企業・官庁・大学の運営施設では、運営元の補助によって保育料が抑えられる場合もあります。

 

保育園にも様々な種類があります。保育士免許を取得しても、公立保育園の保育士になるためには、採用試験の関門も突破しなければなりません。採用試験の内容は、主に小論文と面接となります。

 

保育士になるには?

保育士になるには

保育士になるには2

 

失敗しない!保育士講座を選ぶ方法

保育士個別1

ブラッシュアップ学び

保育士個別2

保育士講座ボタン

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

保育士個別3

保育士講座ボタン