ユーキャンの保育士通信講座の特徴

通信講座の「ユーキャン」によると、2012年の保育士試験の合格者9726名中、998名が「ユーキャン」の受講者だったそうです。さらに、合格者のうち84%が、はじめての学習経験者だったとのこと。

 

これは合格に必要な保育理論全般を、「ユーキャン」の受講者が、しっかりと身につけた証と言えるのではないでしょうか。「ユーキャン」が最も力を入れているのは、テキストです。

 

テキストは、過去の試験問題を徹底的に分析し、次年の出題内容を絞り込んで学習する内容となっており、受験者が、一次試験の合格点である60点をクリアすることを目的としてつくられています。

 

テキストを開いてみましょう。第一印象は、ページごとのレイアウトがよく整理されていること。重点項目はカラーで強調され、内容も、すっと目に入ってきます。

 

例えば、『保育の理念と概念』の教科。最初に、『このレッスンで学ぶこと』が、ポイントを押さえて箇条書きにまとめられています。随所にイラストや図を交え、参照事項では、どのテキストが参考になるのか、すぐにわかります。

 

また、「ユーキャン」では、学習の進度が把握できる『合格講座』の設定もあり、そのつど、添削課題が出され、受講者の解答に対して、採点と講評が返送されてきます。学習への理解度が確認でき、さらに、講師への質問も可能な、“面倒見のよい”サービスです。

 

最も大きな特色は、個別のスタート時期と試験のタイミングに合わせて、「ユーキャン」が学習計画をプランニングしてくれること。「ユーキャン」では、12カ月の標準学習期間を設定しており、受講のスタートから次回の実技試験までが12カ月未満の場合、その次の試験まで、あらたに添削や質問などサービスを受けることができます。

 

過去問は、解説付きの冊子で3年分あり、二次試験対策のDVDなどの送付も。さらに、受講生用のインターネットサービス『学びオンラインプラス』があり、スマフォやパソコンから、講義のムービーやウェブテストを受けることも可能。外出先でも、思い立った時に予習・復習できる点も魅力です。

 

保育士になるには?

保育士になるには

保育士になるには2

 

失敗しない!保育士講座を選ぶ方法

保育士個別1

ブラッシュアップ学び

保育士個別2

保育士講座ボタン

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

保育士個別3

保育士講座ボタン