「潜在保育士」はなぜ生まれたか?

保育士の有資格者を離職にかりたて、「潜在保育士」に変えてしまう原因は、何でしょうか?

 

1つ目は、国家資格の専門職にして、非常に低い賃金であること。私立保育園の場合、1カ月の平均では約210000円。社会保険や年金その他を差し引くと、手取りで17万円前後。年収にして他の職種より100万円低いことに、不公平感を持つ保育士もいるでしょう。

 

特に経営にゆとりのない私立保育園では、給与の据え置きなども目立ち、やむなく他の職種に転職するための離職も。

 

いわば、潜在保育士とは、「子供達が好きだからこそ、全身全霊を傾け、子供の命を預かる責任の重い仕事を続けてきた。収入の低さにも我慢してきた。でも、もう、限界だ」

 

ガマンが蓄積されたあげくの“声なき声”の表れとも言えます。

 

厚生労働省では、「待機児童解消加速化プラン」に向けて、保育所整備(小規模保育事業含む)や認可外保育施設への支援とともに、保育士確保を目指して、潜在保育士の掘り起しに乗り出しました。

 

ブランクのある潜在保育士には、最近の保育事情を学ぶ再就職前研修も用意されています。同プランには、現役保育士への処遇改善も含まれており、私立保育園に対する補助金の支給もその一環。保育士の給に、ひと月約8000円が上乗せされるかたちとなりました。

 

が、それでなくても年収で他業種よりも100万円、下回っていることを考えると…。勤続年数に応じて賃金を上乗せできるよう、新たな補助金の支給も始められましたが、このままでは、保育士の離職を食い止めることは難しそうです。

 

2つ目の離職理由には、「同僚や保護者との人間関係」が挙げられており、保育士が、その専門性以上に、人間性、心身をフル動員して仕事に当たっていることがうかがわれます。

 

女性の多い職場に特有の問題を抱えて心身ともに疲れ果て、離職に追い込まれるケースもあり、専門家には、カウンセリングなどのサポート体制の必要性を訴える人も少なくありません。