ユーキャン「保育士講座」体験記

ユーキャンの通信講座「保育士講座」で学び、保育士資格の取得を目指しています。えっ今から資格?!なんて、友人たちはビックリするやら、呆れるやら。

 

もちろん、四捨五入すれば50代という年齢で、フルタイマーとしての保育士デビューは、諦めていますよ。^^;第一、保育園だって、就職させてくれないでしょう。

 

実は、現在、保育園で朝7時から12時までの5時間、保育士さんのお手伝いをしています。子供達と遊ぶのは大好きだし、2人の子育て経験もあるからと、すぐ近所の保育園が募集していた早朝保育のパートに応募し、採用されました。

 

保育園の子供達に、少しでも、園が楽しいものだという気持ちを持ってもらいたい、また、目の回るほど忙しく働いている保育士さんたちの手助けができたら、とわくわくしながら勤務に入ったのですが、そんな気持ちは見事に裏切られました。

 

実際に保育の場に入ってみると、子供達の心や身体の動きが読み取れなくて、まごまごするばかり。しばらくは、保育士さんのリードによって、何とか見よう見まねで、子供達の保育を“手伝っている”状態でした。

 

保育士さんたちの間に飛び交う保育用語の意味も何とか理解できるようになった頃、保育を学びたいと強く思うようになり、通信講座で保育士の勉強を始めたのです。仕事と勉強を重ねるうちに、資格を取得したいと思うようになりました。

 

短大卒ですので、保育士試験の受験資格はあります。要は、筆記試験に合格すること、そして、その後の実技試験への合格…なんて、言うのは簡単ですが、晩ご飯をすませてからの勉強は、翌朝が早いのでなかなか大変。

 

実技試験については、ピアノはまったく弾けませんから、図形と読み聞かせで勝負しようと考えています。

 

40代の私は、若い保育士さんたちのように身軽に動くことができません。けれども、実際に子育てをした経験としっかりした保育の知識に裏打ちされた“後方支援”として、さらに頑張りたいと考えています。