保育士の資格を取得するメリットとは?

保育士の仕事

子供や赤ちゃんとの触れ合いが何よりも好き。子供と遊んでいると、子供の気持ちに戻っていつまでも一緒に遊んでいられる。保育士を志す人は、誰でも、このような動機をもっているのではないでしょうか。

 

保育士は、この気持ちを原点に、仕事を持つ保護者に代わり、親のような愛情で子供達の心と体を育み、危険がないように気を配る子育てのプロです。

 

「保育士とは、第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識、及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう」(児童福祉法第18条の4)。

 

保育士は、名称独占資格(ある行為を行うために必要、もしくは、相応しいとされる地位や立場)の国家資格。資格なくしては、保育士として保育園に勤務することはできません。

 

保育士に必要なスキル

学芸会

保育士になるためには、「保育の心理学」「子供の保健」「子供の食と栄養」など、体系化された保育理論をしっかりと学び、自分のものとしなくてななりません。

 

また、保育実習では、保育園に行き、子供達と具体的に触れ合うことから、学びを深めていきます。

 

理論と実践を体得すれば、保育士資格の取得だけでなく、自分の子育てにも役立ちます。知識の裏打ちをもとに、子供と向き合うことができるのです。

 

有資格者が保育士として勤務後、いったん家庭に入って子育てに専念。その後、仕事に復帰する場合、子育て経験を活かし、若い保育士たちをリードする、ひと回り視野の広い保育士となって活躍できるでしょう。

 

子育て後に有資格者となるときも同じです。子育て期間を、ブランクどころか貴重な経験として、フィードバックできる稀有な仕事とも言えます。

 

保育士の仕事の場は、保育園とは限りません。専門職として、ベビーシッターをはじめ、企業や大学の保育所、病院内保育所、さらに商業施設や美容室、歯科医院など、託児所を設けている施設も数多くあります。

 

保育士になるには?

保育士になるには

保育士になるには2

 

失敗しない!保育士講座を選ぶ方法

保育士個別1

ブラッシュアップ学び

保育士個別2

保育士講座ボタン

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

保育士個別3

保育士講座ボタン