保育士ってどんな仕事?

保育園児

保育士は、国家資格になります。共働きや独り親家庭などの“保育に欠ける”0〜18歳の子供達の、食事や排泄、遊びの面倒をみる能力が、国家試験によって、客観的に認められたことを証明しています。

 

仕事場は、そのほとんどが保育園であり、他にも乳児院や、児童養護施設、知的障害者施設などへの勤務もあります。保育士さんの、保育園での1日の仕事の流れを追ってみましょう。

 

保育士の一日の流れ

@朝礼、ミーティング

朝出勤したら、清掃を終え、保育士たちとミーティングをします。前日の子供達の様子を報告しあい、その日の保育内容について打ち合わせを行います。早番、遅番、パートの保育士などへの引き継ぎも行います。

 

A朝の登園

保護者に連れられて登園してくる子供達を出迎え、預かります。前日と比べ特に変化は無いか、体調は良いかといった事を確認します。

 

B自由遊び

年中〜年長の子供達と園庭で遊んだり、戸外に散歩出したり、雨の日には、絵本の読み聞かせを行ったりします。0歳児保育の担当者は、赤ちゃんを遊ばせたり、寝かしつけたり、月齢に応じて、授乳やミルクを与えます(授乳後は必ず、げっぷをさせます)。おしっこやうんちをしたおしめの交換など、排泄に関わる面倒をみます。

 

C昼食

昼食時には、配膳をし、子供達とともに食事をし、食事を終えたら後片づけをします。手洗い・うがい・食事の挨拶といった基本的な指導もこの時に行います。

 

Dお昼寝

昼食後は、お昼寝の時間です。ふとんを敷いて、家庭から持参させたふとんカバーや枕カバーをかけ、子供達をお昼寝にいざないます。子供達がお昼寝をしている間、保育士たちは、子供達の保育時の様子を話し合ったり、保育の打ち合わせを行います。2歳児以降では、「トイレトレーニング」の指導を行うこともあります。

 

E自由遊び

お昼寝後の子供達は、保護者がお迎えに来るまで、再び遊びます。15時にはおやつの時間があります。

 

F降園

お迎えの時間は、子供を引き取りに来た保護者に、1日の子供の様子や、保育士として気づいた、子供の成長について報告します。場合によっては、子育てのアドバイスを行ったりします。

 

Gまとめ

1日の保育の流れの中で、保育師は、“遊びが仕事”である子供達を自由に遊ばせながら、ケガなどのトラブルを未然に防ぐ安全管理を怠らず、さらに、子供一人ひとりの成長の様子も、しっかり把握する必要があります。

 

保育士になるには?

保育士になるには

保育士になるには2

 

失敗しない!保育士講座を選ぶ方法

保育士個別1

ブラッシュアップ学び

保育士個別2

保育士講座ボタン

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

保育士個別3

保育士講座ボタン