保育士の今後について

認定子供園イラスト

現在、「認定こども園」が、兵庫県や東京都をはじめ、各地で続々とオープンしています。「認定こども園」とは、簡単に言えば、幼稚園と保育園の機能を併せ持つ施設のことです。

 

保育園及び幼稚園における、小学校就学前の子供達に対する保育、及び教育、そして保護者に対する子育て支援を行うセンターとしての役割をもっています。親が働いている、いない、に関わらず利用が可能です。

 

「認定子供園」は、これまで、文部科学省=幼稚園、厚生労働省=保育園と、それぞれ異なっていた管轄を一元化する「幼保一元化」の考え方が根底にあり、幼稚園・保育園のそれぞれに起こっていたさまざまな問題を解決していこうというものです。

 

「認定こども園」の種類

「認定こども園」は、都道府県知事が、条例に基づき認定します。地域の実情に応じて、公立、私立、さらに幼保連携型、幼稚園型、保育所型、地方裁量型の4つに大別され、認可されます。

 

@幼保連携型…認可幼稚園と認可保育所が一体化し、総合的に運営する。
A幼稚園型…認可幼稚園が、保育園の機能を備える。 
B保育所型…認可保育園が、幼稚園の幼児教育を備える。
C地方裁量型…認可のない地域の教育・保育施設が、「認定こども園」として機能する。

 

幼稚園的機能と保育園的機能をもち、子育て相談をはじめとする子育て支援も行います。職員としての資格関連では、0〜2歳児については、保育士の資格をもつことが条件となり、3〜5歳児については、幼稚園教諭免許と保育士資格の併有が望ましいとされています。

 

学級担任には、幼稚園教諭免許をもつ人、長時間利用児への対応については、保育士資格をもつ人が原則とされています。

 

「認定子供園」の今後

男性保育士

今後、「認定子供園」が増加した場合、保育士と幼稚園教諭、両方の資格が必要とされる場合も考えられますが、現在は、片方の資格のみをの人を排除しないようにする配慮がなされています。

 

ただ、「認定子供園」には、少子化に伴う幼稚園の赤字化解消の方策という側面もあることから、ただちに保育園がなくなるわけではなく、保育士の需要は、今後も続くといわれています。

 

保育士になるには?

保育士になるには

保育士になるには2

 

失敗しない!保育士講座を選ぶ方法

保育士個別1

ブラッシュアップ学び

保育士個別2

保育士講座ボタン

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

保育士個別3

保育士講座ボタン