保育士の通信講座|スクールごとの特色

多くのスクールが、保育士の通信講座を開設し、それぞれに特色があります。代表的なスクールをいくつかご紹介します。

 

◇ニチイ「保育士受験対策講座」

◇特徴
全国社会福祉協議会発行のテキスト「新保育士養成講座」に加え、同校独自の分析で合格のポイントを絞った「合格攻略ポイントブック」で学習。Webで160問の問題演習が行え、約480問の過去問題と模擬試験で知識を定着させる。

学芸会イラスト

◇標準学習期間
6カ月※開始月より3〜25カ月
◇添削回数
2回
◇学費
49,500円

 

 

◇ユーキャン「保育士講座」

◇特徴
過去問を分析、出題ポイントに絞った問題集で学ぶ。実技試験である音楽・絵画・言語のの3分野DVDでは、子供達に受け入れられる「演奏方法」や「配色」を、経験豊富なプロが指南してくれる。
◇標準学習期間
12カ月※標準学習期間内に試験が実施された場合、次の試験までサポート有り。
◇添削回数
9回+総合模擬試験1回
◇学費
59,000円

 

◇四谷学院「保育士講座」

◇特徴
テキスト・講義ムービー・パソコンによる演習を組み合わせ、1日4ページほどの学習で、じょじょにステップアップする「55段階学習システム」を採用。厚生労働省「保育士養成課程等検討会」委員長の汐見稔幸東大教授が監修した講座が特徴。過去問はwebからダウンロード可能。※教育訓練給付制度に対応しています。

学芸会イラスト

◇標準学習期間
8カ月※期間延長16カ月
◇添削回数
8回
◇学費
79,800円

 

 

◇キャリアカレッジジャパン「保育士合格講座」

◇特徴 
8科目中、1科目でも不合格の場合は、「受講料全額返金」を掲げています。また、2年目以降の受験者のために、落とした単科のみ受講できるコースもあるのが特色。WEB講義で、テキストごとに、試験に出やすい重点ポイントを解説。実技試験対策のDVDもある。質問には、専任講師が、わかるまで回答してくれます(メール他)。
◇標準学習期間 
6カ月※期間延長12カ月までサポート有り。
◇添削回数
8回
◇学費
64,000円

 

詳細については、資料を取り寄せ、不明点等があればよく調べてから申し込むことをおすすめします。また、すべてのスクールが、学費の分割払いが可能となっています。

 

保育士になるには?

保育士になるには

保育士になるには2

 

失敗しない!保育士講座を選ぶ方法

保育士個別1

ブラッシュアップ学び

保育士個別2

保育士講座ボタン

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

保育士個別3

保育士講座ボタン