保育士が働く様々な施設

公私立の保育所・幼稚園・幼保連携型認定こども園等は、すべて一定の基準を満たして自治体の認可を受ける「認可施設」になります。公立施設で働く正規雇用職員は、市町村等の職員ですから、地方公務員になります。公務員は、給与などの労働条件が安定しており、長く勤めやすいのがメリットだといえるでしょう。

 

一方、人事異動もありますから、予期せぬタイミングで地域内の施設を異動しなければならない場合もあります。園長が異動になると、保育施設全体の考え方も変化するケースもあるでしょう。人事交流等もありますから、同じ自治体の公立施設同士においては、保育手法や考え方に大きな違いがないのが一般的です。

 

子育て支援センター

 

国や自治体の子育て支援施策が進み、近年、在宅子育て家庭などを支援する子育て支援センターが各地に設けられています。子育て支援センターは、公私立の保育所・幼稚園・認定こども園・児童館などに併設されているものが多いですが、公私立の単独施設となっているケースもあります。

 

厚生労働省「地域子育て支援拠点事業・センター型」の補助金を受ける施設については、保育士を配置することになっています。

 

同様に、厚生労働省「地域子育て支援拠点事業・ひろば型」も保育所併設型が増えている一方、NPO法人などの民間団体・社会福祉協議会が運営しているものも増加しており。地域の子育てを支えているのです。

 

これらの職員は、本体の保育所・幼稚園・認定こども園の職員が人事異動で配置されたり、経験者が非常勤で採用されたりする場合も多いですが、場合によっては新卒者が配置される場合もあります。

 

児童福祉施設

 

保育所も児童福祉施設ですが、児童福祉施設には、社会的養護を担う施設があります。社会的養護とは、保護者が適切に育てられない状況となった子供を社会の責任によって保護・養育すること指します。

 

社会的養護に担う施設は、入所施設になりますから、職員はローテーション勤務などで生活をともにしながら、子供達に寄り添い、その育ちを支援していきます。

 

また、施設の種類によって、保育士だけでなく、福祉職・心理職・医療職など様々な専門職の職員と一緒に働きます。

 

乳児院は、保護者の教育を受けられない乳児などが入所し、養護を受け生活する施設になります。児童養護施設は、保護者の養育を受けられない児童などが入所し、養護を受け生活する施設です。

 

母子生活支援施設は、保護を必要とする母子が入所し、自立に向けての支援を受ける施設。児童自立支援は、不良行為をした、またはその恐れがある児童、家庭環境などの理由により、生活指導などが必要な児童・発達に課題を抱える児童などが入所・あるいは通所し、指導を受け自立を支援する施設になります。

 

最後に情緒障害児短期治療施設ですが、軽度の情緒障害を持つ児童が、短期間入所、または通所する施設です。虐待や発達障害を背景とする問題についての治療や支援が中心となります。