幼児教育に関する情報氾濫

現在、世の中には多くの育児や幼児教育に関する情報が溢れています。情報が多い事は決して悪いことではありませんが、本当の意味で子供のため、子育てをする親のためを思って情報を発信しているメディアは多くありません。

 

ほとんどは販売数を増やすため、部数を伸ばすため、視聴率を上げることを目的として、目新しいネタや万人受けしそうなネタを自由に発信しているのが現状です。

 

ですから、具体的には、子供の競争意識というテーマでも、ある幼児教育書では、子供には早い段階から競争意識を持たせた方がいい、という主張がされ、別の幼児教育書では、競争意識は子供が成長するうえで弊害となる、という全く別の見解で述べられており、子育てに関する様々な意見、情報が世の中に氾濫してしまっているのです。

 

これは保育所や幼稚園でも例外ではありません。保育士や幼稚園教諭は、同じように資格を取得していたとしても、考え方は千差万別であり、それぞれが、それぞれの哲学に則り、子供達の教育にあたっているのが現状です。

 

当ページを読んで頂ければ、たくさん存在する情報に振り回されることなく、子育ての悩みから解放され、自信を持って子供と向き合うことが可能になります。そして子供達は、自由にのびのびと成長をしていくでしょう。

 

そして、子育てを通じて育てられる「子供」の成長を促すためには、育てる「親」も一緒に成長していかなければなりません。親が成長することによって、よりよい子育てが可能となり、子供が自由ののびのびと育つことが出来るでしょう。

 

親が成長して真の幸せを得ることこそが、結局は子供の幸せにも繋がっていくのです。