保育士の資格取得ガイド

保育士として働くためには、保育士の国家資格を取得する必要があります。保育士の資格を取得するためには、以下の2つの方法があります。

1,保育士養成学校で単位を取得する

短大・大学・専門学校等で、所定の単位を取得し、卒業すれば保育士の国家資格を取得することができます。

2,保育士試験に合格する

通信教育や独学で保育に関する知識を身につけ、年1回実施される国家試験に合格することで資格を取得することができます。

 

保育士になる方法

保育士になるには

保育士試験は9科目の筆記試験を全て合格すると、実技試験に進めます。筆記試験、実技試験ともに合格すると、晴れて保育士資格を取得することができます。

 

資格取得を目指す方におすすめ

 

保育士になりたいと思ったら、まずは保育士資格を取得しなければなりません。学生であれば、短大や大学に入学するという選択がベターでしょう。

 

しかし、社会人になって保育士を目指す方や、事情があって学校に通えない人にとっては、民間の通信・通学講座を受講して、年1回実施される国家試験に合格することが最も効率的な方法になります。

 

保育士

現在、保育士の資格を取得するための講座は、ユーキャン・ニチイ・ヒューマンアカデミーなど複数の団体で開講されています。それぞれ学習内容・期間・料金等に違いがありますので、必ず申し込む前に講座の特徴を確認して、自分のライフスタイルに合った講座を選ぶことをおすすめします。

 

資料を取り寄せる際は、複数の講座を1件1件調べて問合せをするのは大変ですので、一括で資料請求ができる「ブラッシュアップ学び」を利用すると、効率的に情報収集が可能になります。

 

情報量No.1!講座専門サイト「ブラッシュアップ」

保育士シカトルキャプチャブラッシュアップタイトル
現在開講されている全ての「保育士講座」を自力で調べて比較する作業は、膨大な手間と時間が掛かってしまい大変です。「ブラッシュアップ」を活用することで、評判の良い講座の料金や学習カリキュラムを一括で比較、無料で資料の取り寄ができるのでとても便利です。資料には受講者の声だけでなく、実際に現場で働く保育士のリアルな声も多数掲載されているので、とても参考になります。
資料請求ボタン(ブラッシュアップ学び)

 

主な保育士講座

@対象:短大卒以上

学校名

学習期間

費用

教育訓練給付金

第一学院専門カレッジ

12ヶ月

168,480円

ヒューマンアカデミー

12ヶ月

194,400円

-

ライセンス学院

12ヶ月

194,400円

キャリアカレッジ

6ヶ月

60,480円

-

たのまな

6ヶ月

46,000円

-

ニチイ

6ヶ月

50,920円

-

ユーキャン

12ヶ月

59,000円

-

四谷学院

8ヶ月

79,800円

A対象:高卒以上

学校名

学習期間

費用(初年度)

教育訓練給付

第一学院専門カレッジ

24ヶ月

要確認

ヒューマンアカデミー

36ヶ月

530,000円

-

東京医薬専門学校

36ヶ月

700,000円

-

資格の大原

4ヶ月

40,000円

-

聖徳大学 通信教育部

24ヶ月

190,100円

-

道灌山学園専門学校

24ヶ月

180,000円(総額)

-

ライセンス学院

12ヶ月

194,400円(総額)

キャリア・ステーション

12ヶ月

291,600円(総額)

※教育訓練給付金とは、厚生労働大臣の指定講座を修了した場合、費用の20%を国が負担してくれる制度。
※関東圏を中心に抜粋。学習期間、費用等の詳細は、個別にお問い合わせ下さい。

 

講座選び5つのポイント

過去の合格率実績は高いか?

最も重視すべきポイントは、講座受講生の合格率です。保育士試験の難易度は決して低くはなく、合格率は11〜18%ほどです。全国平均と比較し、より高い合格率を達成している講座を選びましょう。

 

初心者でも分かりやすいテキストか?

保育士の筆記試験は9科目あり、全ての科目で60点以上を取る必要があります。例え1科目でも60点未満を取ってしまうと、不合格になってしまいます。

 

ですから初心者でも分かりやすいテキストであることはもちろん、「満点主義」ではなく、出題傾向を分析し合格点の60%を目指すために、試験に頻繁に出る部分に的を絞った「効率主義」のテキストがおすすめです。

 

資格取得までの総費用は?

稀に受講料とは別に、テキスト代やサポート代が別途設定されている講座もありますので、必ず総額を確認してから申し込むようにしましょう。

 

また講座によっては、各種割引制度の適用や、厚生労働大臣が指定する教育訓練給付制度により、学費の20%が免除される場合もあります。

 

仕事と勉強の両立は可能?

忙しい社会人でも、自分のペースで学習を続けることが出来る、充実したカリキュラムを提供してくれる講座がおすすめです。初心者でも分かりやすいテキスト、講師の細かな添削サービス、手厚いサポート体制等により、すき間時間を活用して効率良く学習を進めることができます。

 

合格サポート制度の有・無

万が一、1度目の保育士試験で資格を取得できなくても、さらに次回の試験まで無償でサポートしてくれる講座があります。合格できるまで粘り強くサポートしてくれる講座を選びましょう。

 

もちろん独学で保育士資格を取得することはできます。しかし、独学の場合、自分の弱点をしっかりと把握し、広い試験範囲から重点的に学習するポイントを見極める必要があります。そこに費やす時間を、学習時間に充てる方が効率的に学習を進めることが出来ると思います。

 

情報量No.1!講座専門サイト「ブラッシュアップ」

保育士シカトルキャプチャブラッシュアップタイトル
現在開講されている全ての「保育士講座」を自力で調べて比較する作業は、膨大な手間と時間が掛かってしまい大変です。「ブラッシュアップ」を活用することで、評判の良い講座の料金や学習カリキュラムを一括で比較、無料で資料の取り寄ができるのでとても便利です。資料には受講者の声だけでなく、実際に現場で働く保育士のリアルな声も多数掲載されているので、とても参考になります。
資料請求ボタン(ブラッシュアップ学び)

 

 

 

 

 

 

 

 

【保育士とは】

保育士は、日本標準職業分類(平成21[2009]年12月統計基準設定)によると、「 > 専門的・技術的職業従事者 > 社会福祉専門職業従事者 > 保育士」に分類されています。児童の保育についての専門的知識と技術をもち、家庭の事情などで子供の世話ができない親に代わって、子供の食事や排泄、遊びの世話をする能力をもつことが、試験などで認定された人びとを、保育士と呼びます。勤務先は、厚労省の管轄にある施設となり、主なところでは、保育園(所)です。0歳児から、小学校就学前の子供を対象に保育を行います。このほかに、0歳の乳児を保護する乳児院や、1歳〜18歳の子供が入所する児童養護施設、知的障害者に関わる施設、母子家庭の支援施設、病院内での病児保育、託児所(デパートや映画館などで一時的に児童を預かる)などへの勤務もあります。児童の保護者に対して、保育に関するアドバイスを行う仕事も含まれます。保育士の資格を取得するためには、次の2通りの方法があります。@大学の保育科、厚生労働大臣指定の専門学校を修了する。A都道府県が実施する「保育士国家試験」に合格する。「保育士国家試験」の内容は、筆記試験と実技試験分野の2科目があります。筆記試験は、毎年、8月に行われます。平成25年度分から、科目の改定が行われ、科目の内容は「社会福祉」「児童家庭福祉」「保育の心理学」「子供の保健」「子供の食と栄養」「保育原理」「教育原理」「社会的養護」「保育実習理論」の合計9科目となっています。実技試験分野では、「音楽表現に関する技術」「造形表現に関する技術」「言語表現に関する技術」の3科目から、2科目を選択します。実技試験は、事前に課題が決められており、受験する年の春に発行される『保育士試験受験の手引き』に掲載されます。手引きを購入し、レッスンを重ねることで、乗り切れそうです。筆記試験、実技試験ともに、6割以上の正答率が、合格の基準とされています。ただし、これらの試験に合格し、資格を取得しただけでは、保育士として働くことはできません。資格取得後、保育士登録の手続きを行い、保育士証を交付されて、初めて、業務に就くことが可能になります。これは、児童福祉法の規定に基づくものになります。【当サイトについて】成長が著しい乳幼児期の子供の育ちを支える保育は、日々刺激に満ちた、とてもやりがいのある仕事です。仕事の結果は、子供達の笑顔や、生き生きとした姿、急速な成長によって見ることができます。また保育は、保育士が自分自身を成長させることができる奥が深い仕事でもあります。より保育を追求するためには、自分を振り返り、感性を磨き、社会のあり方、家庭のあり方、そして人間性についても深く考えるきっかけにもなるからです。当サイトでは、保育士の仕事に就こうとする人向けに、試験対策や資格取得方法、就職活動、論作文、面接試験対策などの理解を深めていただくのにご活用頂ければ幸いです。保育士を採用する自治体・民間法人の論作文・面接の傾向を詳しく調べ、しっかりと対策ができるようにまとめています。例えば、論作文試験対策と面接試験対策は、根底の部分でとても似通っています。保育士になるという意思を持って、求められる仕事について自分の言葉で表現することは、自分を見直す意味でもとても重要な意味を持ちます。また、論作文・面接対策は、公務員試験・民間法人の採用選考どちらにも共通しています。私立施設の採用選考は、一般企業の採用と同様であり、小規模な法人では、書類選考もなく簡素化されているケースも少なくありません。選考方法は、各法人によっても異なりますが、多くの施設では、求人情報を見つけ応募・書類選考・一次選考・二次選考・採用内定・採用決定といった流れになります。私立の保育所の募集は、夏頃から増え始め、9〜11月が最盛期となるのが一般的ですが、通年で募集をしている法人も少なくありません。求人情報には、養成校にくる求人票・各種事業団体などが実施する説明会・各施設のホームページ・ハローワークなどがあげられます。医療事務の資格は、キャリアアップや復職をするうえで非常に有効です。医療事務が人気の理由は、出産、育児があっても復職が比較的優位であること、職場が病院であるため全国どこでも働けること、働き方が自由に選べること、未経験でも大丈夫なことなどが挙げられます。一般企業の厳しい雇用環境の中でも、資格を武器にして、充実した職場環境で働いている人も少なくありません。ますますニーズが高まる医療事務資格は、人生や生活を豊かにしてくれるツールにもなりますので、資格を賢く活用して、自分らしく、充実したライフスタイルを送ることが可能になります。「もっと条件の良い職場に転職できる資格が欲しい。」「将来的に有望な資格を取得したい。」「子育てをメインにしながら仕事も続けたい。」という人は、当サイトを参考にして頂き、医療事務の資格と仕事について理解を深めて頂ければ幸いです。また、医療事務は民間資格となりますが、図書館司書資格は保育士資格と同様、国家資格になります。図書館司書資格も、保育士や医療事務同様、通信講座で取得が可能です。こちらは、所定の大学で単位を習得することで資格を取得することが可能です。資格取得後は、公立保育園で勤務する保育士同様、公務員の採用試験を受験し、合格すれば晴れて公共図書館で勤務することができます。他にも勤務先は、私立図書館、国会図書館、国立図書館等様々です。図書館で、受付けや本の整理、発注等を主に行います。本が好きな方に、非常に人気のある資格となっています。

 

 

更新履歴